WEBデザインの勉強

初心者が1からWEBデザインを勉強するブログ。

SouceTreeを使用してGitHubにファイルをプッシュする

GitクライアントのSouceTreeを使用してGitHubにファイルをプッシュする。

事前準備

GitHubのアカウントを取得する。
github.com

公式サイトからSouceTreeをダウンロードする。
ja.atlassian.com

GitHubリポジトリを作成する

f:id:mmmmofu:20180419125417p:plain

自分のプロフィールページから「Repositories」を開く

開いたページの「NEW」ボタンをクリック

f:id:mmmmofu:20180427174351p:plain

Repository name

リポジトリの名前を記入

Description (optional)

説明文を記入。書いても書かなくても良い

Public / Private

Public(公開)かPrivate(非公開)か選択
GitHubはPrivate(非公開)の場合有料となる。

Initialize this repository with a README

README.mdというファイルを作成するか
リポジトリのTOPに表示されます。)

Add .gitignore None

ファイル管理しないファイルを指定できる『.gitignore』というファイルを作成し、
ファイル管理しないファイルを指定する。

関連記事

mmmmofu.hatenablog.com

Add a license None

LICENSEというファイルを作成し、一般的なライセンス文を記載する。


記入、選択が終わったら『Create repository』をクリックするとリポジトリが作成される。

f:id:mmmmofu:20180501104321p:plain

作成したリポジトリを開き、緑色の『Clone or download』ボタンを押す
URLが表示されるのでコピーする。

SouceTreeでファイルをプッシュする