WEBデザインの勉強

WEB制作初心者が1から勉強するブログ。

HTML 属性

HTMLの属性とは、要素に情報を付加すること。

デモ
http://efu.sakura.ne.jp/web/global_attributes/

グローバル属性

全ての要素に使用できる属性

  • accesskey

マウスやトラックパッドが使用できない環境でも
リンクや入力フォームの部品をキーボードのキー操作で
実行または選択状態(フォーカス)にすることができるように
半角英数字1文字のアクセスキーを設定できる

  • class

CSSなどで使用するクラス名を指定。重複可。複数設定可。

  • contenteditable
contentEditable="true"

とするとその要素が文字を変更したり画像を移動したりできる編集可能状態になる。

  • contextmenu

その要素をどのコンテキストメニュー(menu要素)に関連付けるかを指定。

  • data-*

deta-から始まるカスタムデータ属性を作成することができる。
CSS設計の類はもっとカスタムデータ属性を活用するべきでは - Qiita

  • dir

書字方向を指定ltr(左から右へ)、rtl(右から左へ)、auto(自動判別)

  • draggable

ドラッグ可能かどうかを指定。true(ドラッッグ可能)、false(ドラッグ不可)。title属性をつけるのが好ましい

  • hidden

関連性がない要素。対応ブラウザでは非表示になる。

  • id

ID名を指定。

  • lang

記述言語を指定。ja、ja-jp、en、en-au、deなど

  • spellcheck

要素内容のスペルチェック、文法チェックを行うか。
trueの場合間違っていると間違っている部分の下に赤い波線が表示される
true,false

  • style

要素に直接スタイルを指定することができる。

  • tabindex

Tabキーによるフォーカスの移動順序。

  • マイナスが指定されているとフォーカスされない。0だと出現順序でフォーカスが移動する。
  • title

吹き出しチップを表示してくれる。説明文