WEBデザインの勉強

WEB制作初心者が1から勉強するブログ。

SouceTree

GitクライアントのSouceTreeを使用してBitbacketにファイルをプッシュする。

以前の記事

mmmmofu.hatenablog.com

事前準備

Bitbacketのアカウントを取得する。
bitbucket.org

公式サイトからSouceTreeをダウンロードする。
ja.atlassian.com

SouceTreeとBitbacketの設定

Bitbacketにログインし、リポジトリリポジトリの作成で
新規リポジトリを作成する

f:id:mmmmofu:20161107160031p:plain

オーナー→自分かチームで作業する場合はプロジェクトを選択する
Repository name→リポジトリの名前(プロジェクト名など)
アクセスレベル→非公開にする場合はチェックを入れる

作成したリポジトリのトップのURLをコピーする


任意の場所にgitの作業するフォルダを作成する。


f:id:mmmmofu:20161107174039p:plain

SouceTreeを起動し、左上にある「新規/クローンを作成する」をクリックする
リポジトリをクローン」、「作業コピーを追加」、「リポジトリを作成」とタブがあるが、
先ほどbitbacketでリポジトリの作成をしたので
リポジトリをクローン」を選択する。

「元のパス/URL」に先ほどBitbacketでコピーしたURLを貼り付ける
「保存先のパス」にローカルに作成したフォルダを指定する
「ブックマーク」はどちらでもよい(チェックしておくと左に表示される)
記入し終わったらクローンを押す
するとローカルに作成したフォルダに「.git」というフォルダが作成されている
(この中に変更した履歴などが入る)

実際にプッシュする

ローカルのフォルダに「README.md」というファイルを作成する。
Markdownで適当な文字を記述する

# はじめてのSouceTree

f:id:mmmmofu:20161107195838p:plain

SouceTreeのファイルステータス(下のタブ)に移動すると、
変更したファイルが表示されるので、プッシュしたいファイルをステージに移動させる。
下にコミットメッセージを書く欄があるので適当な文字を入力し、
「変更をすぐに-プッシュする」をチェックして「コミット」をクリックする


(:octocat:は絵文字を入れようとして入れられなかったので無視してください)

プッシュが成功したらBitbacketのリポジトリトップをみて見ると、
先ほど入力した文字が表示されている。
「README.md」というファイルをプッシュするとトップに表示される。
Githubなども同じ)

f:id:mmmmofu:20161107200331p:plain

mmmmofu.hatenablog.com