WEBデザインの勉強

WEB制作初心者が1から勉強するブログ。

Server Side Includes (SSI)

Server Side Includes | サーバー・サイド・インクルード (SSI)とは

Webサーバの機能の1つである。
HTMLの中にWebサーバ側で実行するコマンドを埋め込んでおき、その実行結果をクライアントサーバに返す仕組みである。ただしWebサーバ自体がSSIに対応またはサービス利用可になっている必要がある。
Apache HTTP ServerではSSIを含んだHTMLファイルの拡張子を.shtmlなどとするか、実行権限を与える (XBitHackを使用) などの方法を使って識別させる必要がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Server_Side_Includes

SSIの記述例:

<!--#include virtual="/assets/include/header.html" -->

header.htmlをincludeしている。

SSIを使用するには

ローカルで確認

Apachehttpd.confファイルを変更する必要がある。

XAMPPの場合
C:\xampp\apache\conf\httpd.conf

AddType text/html .shtml
AddOutputFilter INCLUDES .shtml

と記述してある部分を

AddType text/html .shtml .html
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html

に変更する。(.htmlを追加)

.htaccessを使用する

#AddType text/html .html .htm .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .html .htm .shtml


Apache チュートリアル: Server Side Includes 入門 - Apache HTTP サーバ