WEBデザインの勉強

WEB制作初心者が1から勉強するブログ。

HTML基本文書

HTML基本文書

基本的なHTML5のつくりはこのようになっています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title></title>
</head>
<body>
</body>
</html>
<!DOCTYPE html>

→Document Type宣言。文書がHTML5で作成されたものであることを宣言。
 大文字と小文字が混在しているのは、
 HTML4.01 では大文字が原則で
 XHTML1.0 では小文字が原則で、
 HTML5からはどちらでも良くなったため、
 両方使えるという意味で混在させている。

<html lang="ja">

→html文書であることを示す。langは言語を指定。jaは日本語。

<head>

→ブラウザに見えないmetaやstyle、scriptなどを定義できる。

<meta charset="UTF-8">

ユニコード。(Unicode文字コードを正しく判別して文字化けしないようにする。
 metaはメタファー

<title></title>

→ページのタイトル
 キーワード カテゴリー名 地名 店名 など
 店名などよりも検索結果で上位になりたいキーワードを先に書いた方がSEO的に良い。

</head>

→headの閉じ

<body>

→ブラウザに表示される

</body>

→bodyの閉じ

</html>

←htmlの閉じ